(ブルームバーグ): 63兆ドル(約8080兆円)規模の世界の債券市場はほぼ全面的に反発基調にある。投資家が確定利付き資産に再び価値を見いだし始めていることが背景だ。

  ブルームバーグの指数によれば、世界の投資適格債は5月に1%近く値上がりし、リターンは昨年7月以来初のプラスとなるペース。米国債は昨年11月以来最高の月間上昇率に向かいつつある。世界の社債の指数は7月以来最大の上昇となり、メキシコやマレーシアといった新興国債も値上がりしている。

  投資家が指摘する相場反発の理由は多数ある。世界経済がリセッション(景気後退)入りの危機にある兆候や、中央銀行による利上げラッシュがここにきて相場にほぼ織り込まれたとの見方のほか、利回りが魅力ある水準に上昇したという単純な事実などがそうだ。 

  アセットマネジメントOne債券運用グループの竹井章ファンドマネジャーは、世界の債券は今年の残りの期間にプラスのリターンになると予想。債券に価値を見いだす投資家が増えているため利回りはピークから低下しており、債券市場の最悪期は過ぎたとの見方を示した。

  年金基金や保険会社などの資産運用者は先週、米国債に強気な投資を2020年4月以来の高水準に増やした。JPモルガン・アセット・マネジメントやモルガン・スタンレー、パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)はそろって、世界の債券相場の最悪期は過ぎたとの見方を示した。

  5月の早い段階で3年ぶり高水準の3.20%を付けていた米10年債利回りは、相場反発で既に2.84%に低下。同年限のドイツ国債利回りは3週間前に付けたピークの1.19%から1.06%に低下している。

  JPモルガン・アセットのチーフ・アジア市場ストラテジスト、タイ・フイ氏(香港在勤)は「債券への配分を増やす好機だ」と述べ、「信用スプレッドや無リスク金利を見ると、債券のバリュエーションは引き下げられており、債券市場に再び妙味が見え始めている」と指摘した。

  ただインフレ懸念再燃で、始まったばかりの債券相場の回復が損なわれる可能性もある。米10年債利回りは31日のアジア市場の取引で10bp上昇。米インフレ率が当局目標に向かって緩和されるまで、0.5ポイント利上げ継続を望むとウォラー連邦準備制度理事会(FRB)理事が30日に発言したのが響いた。5月のドイツのインフレ率が過去最高を更新したことも同日の同国債相場の重しとなった。

Bonds Rally Everywhere in May With Bulls Saying Selloff Is Over(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.