(ブルームバーグ): 石油輸出国機構(OPEC)の一部加盟国は制裁と欧州の一部禁輸によってロシアの石油増産能力が制限され始めているとして、石油生産協定から同国を除外する案を検討している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が複数の匿名のOPEC加盟国代表を引用して報じた。

  それによると、石油生産目標を定める協定からロシアを除外すればサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)など他の産油国の原油増産に道が開ける可能性がある。

  OPECは現時点でロシア産石油を補うための増産を正式に後押ししていないものの、一部加盟国は既に向こう数カ月内の増産を計画し始めているという。

OPEC Weighs Exempting Russia from Oil Production Deal: WSJ(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.