(ブルームバーグ): 中国の製造業活動を測る民間指数は5月も活動拡大・縮小の節目を割り込んだが、縮小ペースは鈍化した。新型コロナウイルス対策の制限措置は緩和されつつある。

  財新とS&Pグローバルが1日発表した5月の製造業購買担当者指数(PMI)は48.1。4月の46から改善したが、予想中央値の49を下回った。活動拡大・縮小の境目は50。発表によると、新規受注は3カ月連続で減少したが、マイナス幅は縮小した。

  国家統計局が5月31日に発表した製造業PMIも50を下回ったものの、厳格なロックダウン(都市封鎖)の緩和が始まる中で4月からは改善。財新のPMIは規模が小さめの民間企業を対象とし、統計局の指数は規模が大きめの国有企業をカバーする。

中国の製造業活動、徐々に回復−5月のPMIは予想上回る改善

  上海市政府がロックダウンを事実上解除し、北京市も一部制限を緩和する中で、中国経済が持ち直し始める可能性を両PMIは示唆しているが、回復プロセスは緩やかなものにとどまる恐れがある。

©2022 Bloomberg L.P.