(ブルームバーグ): 米マイクロソフトは2日、4−6月(第4四半期)の業績見通しを引き下げた。当局への届け出によると、売上高は519億4000万−527億4000万ドル(約6兆7400億−6兆8400億円)を見込む。従来予想は最大532億ドルだった。ドル高による収益圧迫が以前の予想よりも大きくなる見通しを示唆した。

  1株利益の見通しは2.24−2.32ドルに下方修正。従来予想は2.28−2.35ドルだった。 

  マイクロソフトは業績見通しの修正について「第4四半期の不利な為替レートの動きによる影響を投資家に理解してもらうため」と説明。為替変動が同四半期売上高に与える影響を4億6000万ドルとみている。同社は2021年度通期の売上高1680億ドルの約半分を米国以外で計上していた。

  業績予想の下方修正を受け、同社の株価は一時4%近く下げた。ただその後、下げを消して0.8%高で終了した。

  今回の下方修正について、ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、アヌラグ・ラナ氏は「多くの大手ソフトウエア企業にとって繰り返されるテーマになるだろう。こうした企業の大半は、売上高の3分の1超を米国外で得ているためだ」と述べた。

原文:Microsoft Warns of Drag on Profit, Sales With Dollar Surge (1)、Microsoft Falls After Paring Forecast on Currency Drag (1)、Microsoft Falls After Paring Quarterly Forecast on Currency Drag(抜粋)

(第4段落に最新の株価を追加して更新します)

©2022 Bloomberg L.P.