(ブルームバーグ): 世界保健機関(WHO)は世界人口の3分の2余りが高い水準の新型コロナウイルス中和抗体を保有しているとの見方を示した。これだけの人が感染かワクチン接種により抗体を取得したことになる。

  WHOは世界各地で実施された調査の要約を公表。それによると、いわゆる抗体陽性率は2021年2月の16%から大幅上昇し、同年10月には67%となった。感染力の強いオミクロン変異株の出現で、現在は抗体陽性率がさらに高くなっているとみられる。

  この要約は、新型コロナへの耐性を強める取り組みが世界で進展している様子を表している。ワクチンのオミクロン株に対する防御効果はわずかにとどまるが、ワクチンの接種は感染経験よりも高い重症化防止効果をもたらすため、高リスクの人々を中心にワクチン接種率を高めるべきだとWHOは各国に呼び掛けた。

More Than Two-Thirds of People Have Covid Antibodies, WHO Says(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.