(ブルームバーグ): 米アップルは小売店舗での勤務時間などをより柔軟にすることに同意したと、計画に詳しい複数の従業員が明らかにした。店舗従業員による組合結成を目指す動きを受け、労働条件改善に向けた取り組みの一環だという。

  計画が公開されていないことを理由にこの従業員が匿名で語ったところでは、同社は一部店舗のスタッフに対し今後数カ月以内に勤務形態が変更されると通知した。一部の小売店舗従業員は上司や労働団体に働き方に関する不満を訴えており、アップルのリテール責任者は最近、改革実施の可能性を示唆していた。

  ディアドラ・オブライエン上級副社長(リテール、人事担当)は最近のビデオメッセージでスタッフに対し、「勤務時間や報酬・福利厚生、店舗での労働環境など、アップルがあなた方にとって最高の場所となるよう全力を注いでいる」と語った。

  関係者によると、アップルは以下の変更を予定している。

シフト間のインターバルを最低12時間と、現在の最低10時間から増やす遅い時間のシフトを選択しない限り、午後8時以降の勤務日数は週3日に最長の連続勤務日数を6日から5日に短縮。ただし新製品の発売時期やホリデーシーズンは例外となる場合もフルタイム従業員に半年ごとに週末休暇を1日付与

  関係者によれば、一部の変更は今後数週間以内に実現する予定だが、他の変更は年内のもっと遅い時期の実施となる可能性がある。

  アップルの広報担当者はコメントを控えた。

©2022 Bloomberg L.P.