(ブルームバーグ): 資産家イーロン・マスク氏が取り組むツイッター買収計画の新たな資金調達は、合意に関する不透明感のために棚上げされていると、ロイター通信が複数の関係者情報として報じた。

  アポロ・グローバル・マネジメントなどプライベートエクイティー(PE、未公開株)投資会社との間では、買収の行方を巡る不透明感が晴れるまで優先株を用いた資金調達に関する対話が中断されているという。マスク氏とツイッターの担当者はいずれもロイターのコメント要請に応じていない。アポロもコメントを控えた。

 

©2022 Bloomberg L.P.