(ブルームバーグ): 15日の欧州株は反発。前日までは2020年3月以来の長期連続安だった。欧州中央銀行(ECB)が債券利回り上昇を巡る市場の緊張に対処すべく、新たなツールの開発を指示したことが材料視された。

  ストックス欧州600指数は1.4%上昇。ECBの緊急発表を受け、イタリアのFTSE・MIB指数は2.9%高と、3月半ば以来の高い伸びを示した。

ECB、国債利回りの不適切な上昇に対応する新ツール開発を指示

 

  欧州債市場ではイタリア債が急伸。ECBの緊急対応が響いた。

  イタリア10年債利回りは急低下。ECBが2020年3月にパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を発表した日以来の大幅な低下となった。

  ドイツ債とのスプレッドは一時32bp縮小し、211bpとなった。

  短期金融市場ではECBの利上げ観測が後退。来月の会合では33bpが織り込まれているが、前日からは10bp低下した。

  英国債利回りはブルスティープ化。16日の金融政策発表では36bpの利上げが織り込まれ、50bp利上げの確率はほぼ五分五分となっている。

6月15日の欧州マーケット概観(表はロンドン午後6時現在)

 

European Stocks Rise Before Fed as ECB Works on Crisis Tool

(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.