(ブルームバーグ): 米連邦公開市場委員会(FOMC)の15日の金融政策決定に向け、利上げ幅が0.5ポイントか0.75ポイントかという議論に市場の話題が集中したことは無理もない。だが、進行中の重大な問題は、より大局的だ。米国、そしてグローバル経済の利益ためにも、米連邦準備制度はインフレのストーリーの主導権を何としても取り戻す必要がある。

  連邦準備制度は世界で最も強力な中央銀行と認められ、国際金融安定のアンカーの能力を長きにわたり高く評価されてきたが、過去1年インフレの主導権を握れない状態が続いたことで、信頼性に欠け、過度の金融ボラティリティーをうかつにも助長してしまう新興市場国・地域の中銀に酷似していると受け止められるようになった。

  インフレのストーリーの主導権を取り戻すことは、連邦準備制度の政策の有効性と評判、政治的独立にとって極めて重要だ。これに要する時間が長くなればなるほど、米国の経済的繁栄と社会的公正への悪影響が増大し、他の国・地域への好ましくない波及効果も大きくなる。

  より長期のインフレ期待は、連邦準備制度の2%の物価目標からさらに乖離(かいり)し、ミシガン大学の指標によると、今後5−10年では3.3%と数十年ぶりの高水準に達する。

  米国の2年国債利回りに代表される連邦準備制度の影響力が最も大きい市場分野も、驚くほど大きく無秩序な変動にさらされており、国際金融市場の最も重要なセグメントの一つにとって、それは恐ろしい動きだ。

  連邦準備制度は数週間前の段階で、2回の0.5ポイント利上げを示唆し、市場は金利引き締めサイクルの9月休止を当初想定した。しかし、0.75ポイントの利上げが直ちに決定され、ターミナルレート(利上げの最終到達点)は連邦準備制度が言及した水準を優に上回るという観測がその考えにしっかり取って代わった。

  それに伴いさらに過度な市場のボラティリティーが生じ、「最良」の政策対応から連邦準備制度は一層遠ざかり、リセッション(景気後退)リスクという犠牲を払ってもインフレに対抗するため政策ブレーキを利かせるか、もっとやんわりブレーキを踏み2023年も高インフレが持続する危険を冒すか、逃げ場のない政策ジレンマが深まった。

  中央銀行が絶えずインフレの動きの後手に回り、有効な政策オプションを使い果たし、その過程で経済と市場の不安定さを増大させるというイメージは、制度の信頼性と成熟を欠く新興国・地域では珍しくなかろう。だが、国際金融システムの中心に位置する中銀では非常にまれであり、とりわけ痛ましい。

  これほど長期にわたり繰り返しインフレ動向を読み違えた原因分析と、いかに予測能力を改善させたかについて、連邦準備制度には情報共有がまず求められる。さもなければインフレを管理していると市場を納得させることは今後も難しく、インフレ期待は一段と制御不能になるだろう。

  さらにインフレへの取り組みが真剣だと言葉だけでなく行動で示す必要がある。今週のFOMCに至る期間の対応を大きく誤ったことで、連邦準備制度はフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を0.75ポイント引き上げざるを得なくなった。先月の段階で示した0.5ポイント利上げというフォワードガイダンスの信頼性を損ない、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長自身が可能性を否定していた対応を余儀なくされた。

  0.75ポイントの利上げに当たり、連邦準備制度はこれが道のりの一つの過程だという見解をしっかりと伝え、過去数カ月で何度も犯した精度の誤りという凡ミスを繰り返すことは避けねばならない。

  インフレが「一時的」と主張することで、連邦準備制度が最大の政策ミスの一つを犯す危険があり、米経済に影響はとどまらないと私は1年前に警告した。その後は悪夢が順番に展開していく様子を見ているかのようだった。連邦準備制度が自ら陥った問題のある政策体系から抜け出す機会として今週のFOMC会合を利用し、経済的繁栄と将来の可能性、社会的公正にさらに行き過ぎた打撃を与えないよう私は期待している。

(モハメド・エラリアン氏はブルームバーグ・オピニオンのコラムニストです。このコラムの内容は必ずしも編集部やブルームバーグ・エル・ピー、オーナーらの意見を反映するものではありません)

Fed Must Do More Than Raise Rates by 75 Points: Mohamed El-Erian(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.