(ブルームバーグ): 債券相場は小幅安。先物市場のヘッジ機能低下への懸念から5年債入札はやや弱めの結果となったことが相場の重しとなった。先物は入札通過で下げ幅を縮めたものの、市場では23日の20年債入札に対する警戒感で超長期債には売り圧力がかかった。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の鶴田啓介債券ストラテジストは、「5年債入札は応札倍率が低くやや弱めだったが、弱気予想が多い中で無難な着地だった」と指摘。先物は過度な不安感が後退したことで下げ幅を縮小したとしながらも、「ヘッジ機能低下で20年債入札への不安感は根強く、今回の結果はそれを払しょくするものではなく、引き続き超長期ゾーンは警戒感が強い」と話した。

  日銀は午前10時10分の金融調節で10年国債を0.25%の利回りで無制限に買い入れる指し値オペを通知。買い入れ利回りは、先物のチーペスト銘柄である残存7年程度の356回債で0.250%、364回債も0.250%とした。

5年債入札

最低落札価格は100円5銭で市場予想中央値と一致応札倍率は3.17倍で2020年3月以来の低水準小さければ好調を示すテールは3銭と前回の1銭を上回るSMBC日興証券の奥村任金利ストラテジスト応札倍率が少し低めだったことを踏まえても予想された範囲での弱い結果先物をヘッジに使いにくい状況の中での入札で警戒感は相当にあり、きのうまでにかなり調整が進んだ中での入札。キャリー(期間収益)水準などの観点で実需の投資家需要が相応にはあったのだろう備考:5年利付国債の過去の入札結果 (表)

背景

20日の米国市場は祝日のため、米国債の現物取引なし米株価指数先物が上昇、欧州株に連れ高−ドルは軟調ECB総裁、利上げ方針をあらためて表明−新ツールの開発も進行

新発国債利回り(午後3時時点)

 

©2022 Bloomberg L.P.