(ブルームバーグ): 協和キリンが海外資産の一部売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。10億ドル(約1340億円)規模に上る可能性もあるという。

  非公開情報だとして匿名を条件に話した関係者によると、協和キリンは金融アドバイザーと共に、「協和キリンインターナショナル」の一部資産を巡り売却の可能性を検討している。より確立し成熟した製品を含むこともあり得る今回の売却案には複数の戦略的・金融投資家が関心を寄せているという。

  検討は初期段階で、取引を見送る可能性もあると関係者は述べた。協和キリンのコーポレートコミュニケーション部の担当者は現時点で何も決定した事実はないと回答した。

©2022 Bloomberg L.P.