(ブルームバーグ): レイ・ダリオ氏率いる世界最大のヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツは、欧州株に対する最大のショートセラー(空売り投資家)として浮上した。相場下落の可能性に賭けるポジションの規模が57億ドル(約7600億円)余りに膨らんでいる。

  ブリッジウォーターの投資には、半導体製造装置メーカーのASMLホールディングに対する10億ドルのショートポジションや、トタルエナジーズの空売り約7億5200万ドル相当が含まれる。規制当局への届け出を基にブルームバーグがまとめたデータで明らかになった。同社は今月、欧州域内での空売り対象企業を18社に増やした。

  金利上昇やインフレスパイラルに圧迫され、世界株指数が弱気相場入りする中、空売りはヘッジファンドにとって有用な手段となっている。

  ブリッジウォーター(運用資産約1500億ドル)のこうしたポジションは株価下落から純粋に利益を得ることが目的なのか、広範なヘッジング戦略の一部なのか不明だ。投資会社は小規模なポジションの開示を義務づけられていないため、ブリッジウォーターのショートポジション全体の規模はもっと大きい可能性がある。ポジションの価値に基づくと、同社は欧州で最大のショートセラー。

  ブリッジウォーターの広報担当者に通常の営業時間外にコメントを求めたが、返答は得られていない。

Bridgewater Builds $5.7 Billion Bet Against European Stocks(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.