(ブルームバーグ): 鈴木俊一財務相は17日の閣議後会見で、最近の金融市場の動きに関連し、日本銀行には「経済・物価・金融情勢、債券市場の問題もそうでありますが、そういうことも踏まえつつ、物価安定目標の持続的・安定的な実現に向けて努力されることを期待される」と述べた。

金融政策の具体的な手法は日銀に委ねられる日銀において政府との共同声明に沿ってしっかり対応国内外の経済に与える影響を注視−米金融政策の変更為替はファンダメンタルズに沿って安定推移することが重要急速な円安の進行が見られ憂慮日銀と緊密連携、為替動向や経済・物価への影響を一層注視

長期金利0.265%に上昇、日銀上限を一段と上回る−日銀政策修正警戒

(鈴木財務相の発言を追加して更新しました。)

©2022 Bloomberg L.P.