(ブルームバーグ):

2022年の金融市場はここまで、ウォール街の大方の予想を裏切る形となっている。 パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長ら米金融当局者のインフレ予想も外れた。

  昨年12月時点でJPモルガン・チェースなど世界有数の投資銀行のストラテジストは、2022年にS&P500種株価指数が5%上昇すると予想していた。エコノミストの米10年債利回りの年末予想は平均2%だった。ゴールドマン・サックス・グループはビットコインの10万ドル到達も実現可能だとしていた。

ビットコインが一時1万8000ドル割れ、過去最長の12日続落

  しかし実際には、過去半年で金融市場には前例のない衝撃が相次ぎ、株式の強気相場には終止符が打たれ、安全資産である国債などは負のスパイラルに陥った。S&P500種は年初来で23%安となり、米10年債利回りは3.23%付近まで上がり、ビットコインは時価総額の半分超を失った。

  市場は「すべて買う」から「すべて売る」に急速に変化し、数年続いた「TINA(There Is No Alternative、他の選択肢はない)」としての株式の位置付けも過去のものとなっている。abrdn(旧スタンダード・ライフ・アバディーン)の投資ディレクター、ジェームズ・アシー氏は「しばらくの間、TINAは完全に終わりだ」と指摘。「インフレ率が8%であれば実質ベースで投資妙味はほとんどない」と語った。

  年末までに米株が持ち直すとの見方もなおある。最新のブルームバーグ調査では、ストラテジストのS&P500種の年末予想平均は17日終値から22%の上昇だ。

  確かに、ロシアのウクライナ侵攻がいつ終わるか、中国の厳しい新型コロナウイルス対策によるサプライチェーンの目詰まりがいつ解消するかは誰にも分からない。物価動向や米金融政策引き締めの経路も不透明だ。

  しかし、HSBCグローバルリサーチのマルチアセットチーフストラテジスト、マックス・ケトナー氏は、株式は他の資産クラスと比較して景気後退(リセッション)を十分に織り込んでいないと指摘。「全体として見れば、これは夏の間にリスク資産が一段と下がることを意味する」と述べた。

  S&P500種は2000年から02年には51%下落し、世界金融危機時には58%下げた。モルガン・スタンレーのマイケル・ウィルソン氏は、20%余り下げた米株だが、企業利益を巡るリスクをまだ完全には織り込んでいないとみている。同氏は昨年12月時点で数少ない弱気派の1人だった。

Nearly All of Wall Street – and the Fed – Botched Calls for 2022(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.