(ブルームバーグ):

中国人民銀行(中央銀行)は20日、新規貸出金利の指標となるローンプライムレート(LPR)の1年物を3.7%に据え置くと発表した。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)から、中国経済が徐々に持ち直し始める中で、人民銀は中期貸出制度(MLF)の1年物金利の引き下げも先週見送っていた。

  1年物LPR金利は今年1月に引き下げられてから据え置きが続いている。ブルームバーグのエコノミスト調査では25人のうち22人が据え置きを予想していた。

中国人民銀、利下げ見送り−米金融政策との一段の乖離避ける

  また、5月に0.15ポイントと大幅に引き下げられ、住宅ローンの参照金利となる5年物も今月は4.45%に維持された。エコノミスト20人のうち17人の予想通り。

©2022 Bloomberg L.P.