(ブルームバーグ): 米電気自動車(EV)メーカー、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は21日、ブルームバーグ・ニュースのジョン・ミクルスウェイト編集主幹とのインタビューで、米ツイッター買収計画について「幾つかの未解決な問題」が残っており、ユーザーのデータ問題の解決を待っているところだと語った。

  マスク氏はツイッター買収に関連し、「ラウンドの借り入れ部分や、株主が賛成するかどうかといった問題が存在する」と指摘した。同氏は、ブルームバーグ主催の「カタール経済フォーラム」にオンラインで参加した。

テスラの人員

  テスラの人員について、今後3カ月前後で給与従業員を約10%削減する方針を明らかにした。「1年後には給与従業員と時間給労働者の両方が増加していると思う」と述べる一方、「当面の人員削減の割合は3−3.5%になる」との見通しを明らかにした。

  その上で、ライバルの自動車メーカーとの競争ではなく、供給の制約がテスラの成長の最大のブレーキと分析。中国におけるテスラの利害と将来のツイッター買収とのバランスに何ら問題があるとは考えていないと発言した。

マスク氏、供給の制約が成長の最大のブレーキ−インタビュー

マスク氏、中国とテスラとツイッターのバランスに何ら問題ないだろう 

 

米リセッション

  マスク氏は米経済が近いうちにリセッション(景気後退)入りする可能性について、「どちらかといえばありそうだ」との認識を表明した。

  同氏は中道派スーパーPAC(政治活動特別委員会)に約2500万ドル(約33億8000万円)を寄付する可能性を示唆。2024年の米大統領選にトランプ前大統領が出馬した場合に支持するかどうかの質問には、「選挙については現時点で何も決めていない」と答えた。

マスク氏、現時点では「未決定」−2024年米選挙巡り

仮想通貨

  暗号資産 (仮想通貨)を巡っては、ドージコンを個人的に支持する意向をあらためて示した。

(免責事項:カタール経済フォーラムはカタール商業・工業省、カタール投資庁、カタール投資促進庁が後援、ブルームバーグが主催。開催組織はメディア・シティー・カタール)

Musk Says There Are Still a ‘Few Unresolved Matters’ on Twitter(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.