(ブルームバーグ): 国内通信大手のソフトバンクとトヨタ自動車の合弁であるモネ・テクノロジーズは28日、新社長にソフトバンク執行役員の清水繁宏氏が就任したと発表した。宮川潤一社長は退任し、取締役となった。

人事は28日付トヨタとソフトバンクは2019年2月にモネを設立、過疎地でのオンデマンド交通などモビリティサービスの分野で協業している清水氏は1986年に現ソニーマーケティングに入社し、91年に日本テレコム(現ソフトバンク)に移籍宮川氏は21年にソフトバンク社長に就任している

関連記事:NTTデータ社長、コネクテッドカーでトヨタと世界進出示唆−買収も

©2022 Bloomberg L.P.