(ブルームバーグ): ドイツの失業者数は6月に予想外の増加となった。増加は1年4カ月ぶり。今月の数値にはウクライナの戦争でドイツに避難し、求職中の避難民が含まれている。

  独連邦雇用庁が30日発表した6月の失業者数は前月から13万3000人増加、エコノミスト予想では5000人の減少が見込まれていた。失業率は5.3%と、昨年11月以来の水準に上昇した。

ドイツの6月季節調整済み失業率:統計概要(表)

  同庁のシーレ長官は声明で、「労働市場は全体的に引き続き安定している」と述べ、「今回の増加はウクライナからの避難民が雇用センターに登録されつつあり、その分が労働統計に反映されたためだ」と説明した。

 

©2022 Bloomberg L.P.