(ブルームバーグ): ニューヨーク市マンハッタンのアッパーイーストサイドで29日夜、赤ちゃんを乗せたベビーカーを押していた女性が銃で撃たれ、死亡した。

  警察によると、この女性(20)は午後8時半ごろ、至近距離から頭部に1発の銃撃を受けた。容疑者は黒い服を着ていた男とみられている。

  ニューヨーク市では5月、ゴールドマン・サックス・グループの社員が地下鉄の車内で撃たれて死亡したほか、4月にも地下鉄の駅で銃乱射事件が起き、約20人が負傷した。

ゴールドマン社員殺害、指名手配の容疑者出頭−NY地下鉄の銃撃事件

NY市地下鉄駅の銃撃事件、犯人逃走中−当局が重要参考人を公表 (3)

  米連邦最高裁は先週、公の場所での個人による銃の携行を原則的に禁じているニューヨーク州法は無効だとの判断を下した。ニューヨーク市のアダムズ市長など当局者らはこの影響を抑えようと努めているが、人口の多い一部都市で公共の場所での銃携行が増える可能性がある。

米最高裁、銃携行を厳しく制限したニューヨーク州法を無効と判断 (1)

Woman Pushing Baby Stroller Shot Dead on NYC’s Upper East Side(抜粋)

©2022 Bloomberg L.P.