(ブルームバーグ): 米連邦準備制度理事会(FRB)のウォラー理事は、6月の消費者物価指数(CPI)が非常に大きな伸びとなったことを受け、今月の連邦公開市場委員会(FOMC)会合での0.75ポイント利上げを支持する考えを示した。その上で、今後発表される経済指標で一段のインフレリスクが示された場合は、より積極的な行動も支持し得ると述べた。

  理事は14日、アイダホ州ビクターで開かれたグローバル・インターディペンデンス・センターのイベントで講演。「最新のCPIデータを踏まえ、私は75ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)の追加利上げを支持する」と言明した。

米CPI、前年同月比9.1%上昇に加速−FRBへの圧力強まる (3)

  6月のCPI統計については「最大級の失望」としつつ、最終的に支持する利上げ幅については、今月26−27両日のFOMC会合の前に発表される小売売上高や住宅関連といった追加のデータに左右されると強調した。

  ウォラー氏は「そうしたデータが予想より顕著に強い内容だった場合、私は7月会合でのより大幅な利上げに傾くだろう。インフレを押し下げるだけの速さで需要が鈍化していないことが示される限りにおいては、そうする」と述べた。

  講演後の質疑応答では、75bpという利上げ幅は「極めて大きい」とし、FOMCがそうした幅の利上げを選択した場合、金融当局が役割を果たしていないことにはならないと述べた。

  さらに、「100(bp)利上げしないからという理由で役割を果たしていないなどと言うべきではない」とし、「行き過ぎた利上げはしない方が良い」と付け加えた。

  セントルイス連銀のブラード総裁も、ウォラー理事と同様の認識を示している。日本経済新聞との13日のインタビューでブラード総裁は、7月会合での75bp利上げを支持する考えを示した。

  総裁は「これまでわれわれは50bpか75bpという枠組みで議論してきた。私は75bpにかなり利点があると考えている」とし、75bpの利上げなら政策金利が当局者らの考える中立水準にほぼ達するためだと理由を説明した。ブラード氏は「きょうの時点では、私は次回会合で再び75bp利上げすることを支持する」と述べた。

トレーダーの賭け 

  ウォラー理事の発言が伝わった後、それまで上げていた米2年債利回りは下げに転じた。トレーダーらは7月の利上げ幅について、1ポイントではなく75bpの方へと再びシフト。ドルは上げを縮め、株は下げ渋った。

  ウォラー氏は、市場は7月の1ポイント利上げの織り込みでやや先走った可能性があるとの見解を示した。

  ただそれでも、7月会合での75bpを上回る利上げにオープンな姿勢を明確に表明した金融当局者はウォラー氏が初めてとなる。

  米経済については、既にリセッション(景気後退)に陥っている、または金融当局の引き締めが景気拡大を終わらせるとの見方のどちらにも同意しない考えを示した。労働市場は「非常に力強い」とし、金融当局の「中期的なソフトランディング見通しは非常に妥当性が高い」と述べた。

  さらに、7月会合での決定にかかわらず「金融政策を景気抑制的な設定にするため、政策金利の目標レンジをさらに引き上げる必要があると私はみている」述べた。

(第7、8段落にセントルイス連銀総裁の発言を追加し、更新します)

©2022 Bloomberg L.P.