(ブルームバーグ): 政府は22日、塩野義製薬の新型コロナウイルス感染症経口治療薬「ゾコーバ」について、薬事承認を前提に100万人分の購入契約を19日に締結したことを明らかにした。

  厚生労働省の総務課広報室によると、後藤茂之厚労相が22日の閣議後会見で、今後の承認を前提に塩野義との間で契約を締結したと発言。同相は、ゾコーバが「実用化されれば、治療の選択肢がさらに広がるものと考えている」と述べたという。

  実際の購入は承認後になる予定。政府は塩野義が承認申請を行って以降、3月時点で同社と100万人分の購入で基本合意していた。

  これに先立ち毎日新聞の電子版は22日、契約締結の事実を同日の後藤厚労相の発言を基に伝えていた。

  20日に開かれた厚労省の専門部会・分科会はゾコーバの承認の了承を見送り、継続審議とした。提出データから有効性を判断できないとの意見が多数あったという。新薬の承認審査を担う医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、ウイルス量が減少する傾向が認められていることは否定しないが、申請効能・効果に対する有効性が推定できるものとは判断できないとしていた。

©2022 Bloomberg L.P.