(ブルームバーグ): 米国債利回りが2日に急上昇した。インフレとの闘いはまだ終了に近づいていないとの地区連銀総裁の一連の発言を受けて、来年の利下げ観測が後退した。

  米国債利回りはあらゆる年限で急伸。10年債利回りは一時18ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の2.75%。3年債利回りは24bp余り上昇した。ペロシ下院議長の台湾訪問でも金融市場のリスクセンチメントがさらに損なわれなかったことも、債券売りにつながった。

  利回り上昇に弾みを付けたのは、サンフランシスコ連銀のデーリー総裁の発言で、同総裁は約40年ぶりの高インフレとの闘いはほぼ完了の状況から「ほど遠い」とコメント。シカゴ連銀のエバンス総裁は物価圧力抑制のため来年も利上げを続ける必要性があるとの見解を示唆した。週末にはミネアポリス連銀のカシュカリ総裁が中銀目標の達成には「長い道のりがある」との認識を示した。

   先週の連邦公開市場委員会(FOMC)会合後には10年債利回りが20bp強低下していた。パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が記者会見で、将来の利上げは小幅になる可能性に言及したため、米金融当局のタカ派姿勢はピークを付けたと一部の投資家は受け止めていた。

  ミシュラー・ファイナンシャルのマネジングディレクター、グレン・カペロ氏は「利回り上昇の大きな要因は、デーリー総裁とエバンス総裁がかなりタカ派な発言をしたことだ」と指摘した。

  金利市場では、当局が12月までにフェデラルファンド(FF)金利誘導目標を3.4%程度に引き上げると予想されている。これは1日時点に比べ13bp高い水準。

  来年の利下げ観測も後退しており、2023年6月のFOMC会合に関連したスワップのレートは、1日の3.02%から3.27%に上昇した。

©2022 Bloomberg L.P.