(ブルームバーグ): 企業買収を手がける米ビスタ・エクイティ・パートナーズは、税務管理ソフトメーカーの米アバララを債務含め84億ドル(約1兆1300億円)で買収することで同社と合意した。

  8日の発表によれば、ビスタはアバララ1株に対し現金93.50ドルを支払う。アバララ株の7月6日終値に対し、27%のプレミアム(上乗せ)に相当する。同日は買収の可能性が報じられる前の最後の営業日となった。この買収については先にブルームバーグが関係者情報として報じていた。

  発表によると、買収完了は株主や規制当局の承認を経て、今年下期に完了する見通し。アバララは身売り後も同じブランド名で営業を継続するという。同社は売却に際してゴールドマン・サックス・グループを助言役に起用していた。

 

©2022 Bloomberg L.P.