(ブルームバーグ): 米映画芸術科学アカデミーの第93回授賞式が25日、ロサンゼルスで開かれ、苦しい生活を余儀なくされた女性が車上生活を続けながら米西部を渡り歩く姿を描いた「ノマドランド」が作品賞に輝いた。

  ノマドランドの制作を指揮したクロエ・ジャオ監督は中国出身で、有色人種の女性で初の監督賞に選ばれ、アカデミー賞の歴史で最も多様性のある式典に貢献した。俳優陣でも黒人男性やアジア系女性が受賞した。アカデミー賞は白人優位との批判がソーシャルメディアで6年前に高まっていた。

  ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で授賞式は縮小を余儀なくされ、会場のユニオン駅に200人弱が出席。開催は例年より2カ月遅れとなり、ノミネート作品の中に大ヒット作はなかった。

  昨年はコロナ禍で劇場が1年の大部分にわたって閉鎖され、ストリーミング配信の人気が高まったが、ウォルト・ディズニーが5部門を制するなど伝統的な映画会社は多くの部門で受賞した。主演女優賞は「ノマドランド」のフランシス・マクドーマンドさん。主演男優賞にはソニーの作品「ファーザー」で認知症と戦う父を演じたアンソニー・ホプキンスさんが選ばれた。

  一方、ストリーミング配信大手のネットフリックスも健闘し、「Mank/マンク」の撮影賞と美術賞の受賞を含め同社の作品は7部門を制した。

(作品賞や主演女優賞などを追加して更新します)

©2021 Bloomberg L.P.