(ブルームバーグ): 米サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は4日、新型コロナウイルスの感染再拡大が成長の重しとなる中、米経済は当初考えられていたよりも多くの支援を必要としていると述べた。

  デーリー総裁はインタビューで、「誰もが見込んでいたよりもウイルスは長く猛威を振るうことが明らかになりつつある」と指摘。 「われわれが景気を刺激できるまでに米経済が必要とする支援は、さらに長期的なものになるはずだ」と述べた。

  デーリー総裁は来年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つ。

©2020 Bloomberg L.P.