(ブルームバーグ): ニュージーランド(NZ)は今週、新型コロナウイルスの感染拡大収束を受け、7週間に及んだロックダウン(都市封鎖)の解除に着手する。

   アーダーン首相は警戒レベル「2」への段階的引き下げを14日に始め、小売店やショッピングモール、カフェ、レストラン、映画館、ジム、公園などの公共スペースの再開を同日から認めると発表。国内の移動制限がなくなり、自宅待機要請も解除される。学校は18日に再開され、バーは21日から営業が可能となる。ただし、ソーシャルディスタンス(社会的距離)のルールは継続され、小売店やレストラン、バー、カフェなどは接客方法を変える必要がある。

  NZは3月26日、世界でも極めて厳しいロックダウン(都市封鎖)を開始。4月28日に建設業や製造業の活動再開を認めるなど一部の規制を緩和していた。NZは国内の新型コロナ根絶を図っており、欧米とは異なる戦略を採用している。

©2020 Bloomberg L.P.