(ブルームバーグ): 新型コロナウイルス感染(COVID19)の治療薬として有望だと、トランプ米大統領が公に売り込んだ薬品が不足している。マラリアや一部の自己免疫疾患の治療に使われるヒドロキシクロロキンが、米食品医薬品局(FDA)のウェブサイトで不足薬品のリストに加えられた。

  関節リウマチやループスなどの患者の中には、新型コロナが流行する前から頼ってきたこの薬品を入手できなくなった人たちがいる。COVID19への使用が認可されるかもしれないと米国外の医師たちが指摘した後、需要が急速に拡大したためだ。

  ヒドロキシクロロキンと、その類薬で副作用が強いクロロキンがCOVID19の治療に効果があると断定した研究結果は存在しない。

  FDAのリストにはヒドロキシクロロキンのメーカー9社が掲載されているが、このうちテバ・ファーマスーティカル・インダストリーズは、供給が限られているため計画的に分配する必要があると明らかにした。これまでに投薬を受けている患者を中心に、供給は可能だというメーカーもある。ライジング・ファーマスーティカルを通じてクロロキンを販売するナトコ・ファーマは、向こう8カ月かけて出荷を段階的に増やす方針だ。

©2020 Bloomberg L.P.