これからのマラソンシーズン、ダイエットのために、この秋ランナーデビュー予定の方も多いのではないでしょうか?

管理栄養士・小島美和子さん(クオリティライフサービス代表取締役 管理栄養士/食コンディショニングトレーナー)に、初心者がランニングでキレイに痩せるために、気を付けるポイントを教えていただきました。

◆糖質がなければ脂肪は燃焼できない

走るためにはまず、走るためのエネルギーが必要です。「食べないで走ると、減らしたい脂肪を燃やせていい」と考えるのは大間違いです。

まず、走る時、最初にエネルギーとして使われるのは糖質です。糖質が火付け役となって、徐々に脂肪が燃え始めます。

したがって、エネルギーとなる糖質が足りないと、脂肪はうまく燃焼できません。更に、脳は糖質しかエネルギー源として使えないので、空腹な状態で走ると、頭がボーっとして楽しむことができないばかりでなく、事故の元にもなりかねません。

走るからだをつくるためには、食事抜き、ましてや最近流行の「ごはん抜き」はタブー。ごはんは「太る」食品ではありません。むしろ、ごはんやパン、麺などの炭水化物(糖質)食品は、活動のエネルギー源として欠かせないのです。1日3食、欠かさずにきちんと食べる生活にリセットしましょう。

また、糖質は、からだに大量に蓄えておくことができないので、毎食欠かさず摂る必要があります。目安量は、1食のエネルギーの半分。例えば、1食700kcalのうち半分の350kcalをごはんで摂るなら、約200gたっぷり1膳食べていいということになります。

糖質が必要だからと、脂質もたっぷり含まれるお菓子や菓子パンを食事代わりにするのはやめましょう。ランナー的スレンダーボディを作るには、筋肉や骨をしっかり作ることも大事です。栄養バランスのよい食事を心がけましょう。

主食(ごはん、パン、麺などの穀類)、主菜(肉・魚・卵・大豆製品などのたんぱく質食品)、副菜(野菜・芋・きのこ・海藻など)の3皿が基本ですが、
手軽に1皿で「いか(主菜)とトマト(副菜)のパスタ(主食)」というように、3皿の要素が入った1品メニューを選ぶと簡単です。