ご近所の庭にある木の実を引き取り、ジャムを作ることで、精神疾患を抱えた人々の地域での生活支援とその活動への理解を進めてきた作業所「つばさ工房」。丁寧に続けられてきたジャム作りがプロの目にとまり、地域を越えた新たなつながりが生まれている。


引き取った梅の実(前回の記事を参照)がジャムになるプロセスを取材させてもらった。

調理場で下準備が始まった。たくさんの実が十分に水洗いされ、ザルに盛られる。小さな梅の実のヘタはつまようじなどを使って外され、痛んで黒くなった部分が除かれていく。手間のかかる作業は、作業所に通う利用者の手で、静かに、丁寧に進んでいく。

調理場は、ほどなく甘酸っぱい梅の香りに包まれた。

ジャム作りは、主に今井后江さんがコーディネートする。4年ほどかけて、鍋の選び方、材料の下ごしらえ、加熱のコツ、ラベル、ラッピングなど、ひとつひとつ工夫を重ねてきた。
「本格的なジャム作りの方法は、最初は何も知りませんでしたが、『知らない強み』でたくさんの方から貴重なアドバイスをいただきました」と語る今井さん。紹介もあって、高級スーパーの購買担当者などから率直な意見を聞ける機会があったという。


下準備が終わったら、丁寧にアクを取り除きながらじっくり煮詰めていく。まる1日かかる作業で、しかも一度始めると止めることができない。
最後は殺菌のためにジャムを詰め、「脱気」(煮沸によって真空状態にすること)して、さらに瓶ごと煮沸する。ラベルを貼り、飾りをつけて完成まで、3日の作業だ。

果肉がそのまま活かされているため、市販のジャムとはかなり印象が違う。「糖度を控えたジャム」という意味で、フランス語の「コンフィチュール」と呼ぶこともあるようだ。現在、梅ジャムのほか、夏みかん&ドライアプリコット、あんず、キンカン、桃、プラム、いちご、リンゴなど、年間10種類程度のジャムを作っている。

作業所の丁寧な仕事、そして「街の地産地消」を通じて培われたジャム作りのノウハウがプロの目にとまった。

7月、東北沢にオープンしたカフェ「mocha(モカ)」。そこには、「つばさ工房」が作ったジャムとフルーツビネガーが並んでいる。オーナーでインテリア&フードコーディネーターとして活躍する佐久間恵子さんが、時間をかけて直接選んだ材料を、「つばさ工房」で加工したものだ。


佐久間さんは、社会貢献ではなく、あくまでつばさ工房の商品としての価値を評価したという。「ジャムやビネガーも、いくつか試しましたが、つばさ工房さんのものが本当においしかった。そこで、こちらから強くお願いしました」。つばさ工房が保健所の許可を得るため、申請作業にも協力した。

製品はカフェやホームページで直接販売し、大変好評だという。今年の秋には銀座阪急にあるお店で出張販売も行われた。

ジャムの材料は、近所から提供されるものだけでなく、最近は山梨や熊本で有機農業を営んでいる農家が、形の崩れた果物などを提供してくれるようになった。

「じっくり時間をかけて丁寧にやれるという点で、私たち作業所の活動とジャム作りはうまくかみ合っているんですよね。正直に、丁寧に、手作りで」と今井さん。オススメの食べ方を聞いてみると「甘さが控えめなので、そのまま食べてしまう方も多いようです。パンやお菓子にはもちろん、アイスクリームやヨーグルトと一緒に食べると最高ですよ」。

購入に際しては、地元の会合やお祭りなどで販売される機会を利用するか、直接工房を訪ねることになる。スタッフの作業量や場所の問題もあり、現時点では大量販売は行っていない。
「ジャム作りの目的はあくまで利用者の生活支援ですが、作業所への理解を拡げることも重要です。ジャムを通じて私たちの活動についても知っていただければ嬉しいですね」と所長の羽田茂さんは話していた。

  • 共同作業所「つばさ工房」 東京都北区西ヶ原3-66-9-2F 電話・FAX:03-3910-4617
  • カフェ「mocha」 東京都世田谷区北沢3-7-15 アビタクルアカツキ103 電話:03-6904-1161


ソーシャルライフの傾向と対策
社会貢献活動というと何だか難しそうだけれど、誰もが社会や人の役に立ちたいと思うものです。このコラムでは、NPOやNGOとの意外な接点など、大きく変わろうとしている「ソーシャルライフ」の傾向と対策を探っていきます。

田中 康文(たなか・やすふみ)
1969年生まれ。アットニューストリーム(@NEWSTREAM)有限会社代表。千葉県NPO活動推進委員。誰もが気軽に社会貢献できる仕組みを考える「ソーシャルライフ・ラボ」の立ち上げを準備中。経団連事務局で企業の社会貢献 活動やNPOとの関係強化などを担当、3年間の韓国駐在などを経て独立。「シーズ=市民活動を支える制度をつくる会」プログラム・ディレクターなどを務めた。



 変化の時代を新たなスタイル・価値観で生きる30代男子をつなぐコミュニティメディアです