日本文化の生成・継承・変容を追いながら、あらためて伝統文化を考える『日本の伝統文化』全6巻の刊行が始まった。既刊は、総論にあたる第1巻、五味文彦著『伝統文化』(4320円)。和歌や芸能、武士の美学などに通底する「ものの考え方」を探る。続刊は『浮世絵』『歌舞伎』『相撲』『茶と花』『武道』。山川出版社刊。=朝日新聞2019年9月21日掲載