『ねずみくんのチョッキ』を描いたのは、なかえよしをさん(作)、上野紀子さん(絵)夫妻。共通のテーマは「思いやり」と「ユーモア」だ。会場にはシリーズの原画が順に並んでおり『ねずみくんのチョッキ』の次は『また!ねずみくんのチョッキ』……と、次々に物語に引き込まれる。どの絵本も、素直さや優しさがシンプルな文と鉛筆画で表現されている。

 アトリエを再現したコーナーでは、なかえさんのインタビューが放映されている。昨年逝去した上野さんに代わり、今までの絵本で出てきたねずみくんを組み合わせながら新作を作る様子も映されていた。「40年以上たっていると、最初の頃のねずみくんと最近のねずみくんは違ってるんですよね。それに気が付いていただくのもおもしろい。(上野さんが)鉛筆を10本ぐらい使って一生懸命描いていたので、その辺を見ていただけたら」と話していた。

 登場人物のねずみくんたちと写真が撮れるフォトコーナーも設置されている。会期中、小学生以下の来場者にはねずみくんになりきれる「耳」と「チョッキ」のプレゼント(なくなり次第終了)があり、家族一緒に撮影する姿が見られた。

 本展覧会はグッズが充実しているのも特徴で、文房具やコインケース、Tシャツやキーホルダーなど、約200点の展覧会限定グッズがあり、展覧会の記念に喜ばれそうだ。

インフォメーション「ねずみくんのチョッキ展」

会期:2020年9月10日(木)〜9月27日(日)、11 時〜19時(入場は閉場の30分前まで、最終日は 17 時閉場)
場所:横浜赤レンガ倉庫1号館 2Fスペース(神奈川県横浜市中区新港1-1-1)
入場料:1000円、高校生800円、小中学生500円
※入場は日時指定制

※2020年10月3日(土)〜11月29日(日)、藤枝市郷土博物館・文学館(静岡県藤枝市若王子500 蓮華寺池公園内)に巡回予定