お話を聞いた⼈宇山佳佑(うやま・けいすけ)脚本家、小説家

1983年生まれ。神奈川県出身。ドラマ「スイッチガール!!」「主に泣いてます」「信長協奏曲」等の脚本を執筆。著書に『ガールズ・ステップ』『桜のような僕の恋人』『今夜、ロマンス劇場で』『君にささやかな奇蹟を』『この恋は世界でいちばん美しい雨』『恋に焦がれたブルー』がある。

愛し合う人たちが何を思い、どう生きていくのかを描きたい

 『この恋は世界でいちばん美しい雨』は鎌倉を舞台に、駆け出しの建築家・誠と、カフェで働く日菜の切ない恋を描いている。ある雨の日、交通事故で重傷を負い、本来は亡くなっていたはずの二人が〝案内人〟と名乗る不思議な人物の提案で、20年の余命をもらう。二人は、どちらかが幸せを感じると、もう一人の余命がその分減ってしまう。愛しあう二人で同じ命を奪いあう、なんとも不条理で過酷な日々を送ることになる。一歩間違えれば荒唐無稽な設定だが、いつの間にかその世界に引き込まれる作品に仕上げているところが、宇山さんならではだ。

 「僕はもともと荒唐無稽でとっぴな話が好きなんです。『桜のような僕の恋人』がストレートな純愛モノだっただけに、この作品はちょっとファンタジー色を強めてみました。この作品の原型は、僕が作家デビューする前に舞台の脚本として書いたものなんです。僕が人生で最初に書いた恋の物語で、個人的な思い入れも強い。いつか人の目に触れてほしいとずっと思っていたんです」

 宇山さんの恋愛小説の原点といえる。ただこの作品は『桜のような僕の恋人』に比べると、設定が複雑で登場人物が多い。しかも脇役の一人ひとりにドラマがあり、それがメインストーリーと重要な関わりをもつ。恋愛小説であるとともに、奥深い人間ドラマとしても楽しめるのだ。

 「僕は必ずしも恋愛そのものを描きたいわけではありません。描きたいのは、愛し合う登場人物が、さまざまな境遇のなかで何を思い、どう生きていくかです。『この恋は世界でいちばん美しい雨』では、恋人を支える周りの人たちのドラマをしっかり描きたいと思っていました」

 舞台となる街がいきいきと魅力的に描かれているのも宇山作品の特徴だ。『この恋は世界でいちばん美しい雨』では、鎌倉の海辺の街。レインドロップスという喫茶店に集う個性的な仲間たちの日常が、ありありと目に浮かぶ。

 「読者には登場人物と同じ場所、時間を共有してもらえればと思っています。レインドロップスという喫茶店も、本当にあるんじゃないかと感じてほしい。そのため実際に現地に出かけ、レインドドロップスはこのあたりにあると決めて、そこでの人々の暮らしを想像しながら書きました」

大学時代から引き出しにしまっていたアイデアが59万部のベストセラーに

宇山佳佑さん

 宇山さんはもともと脚本家である。脚本家としてのデビュー作は、2011年に発表された「スイッチガール」という少女マンガが原作だった。その後、映画と出版のコラボ企画「ガールズステップ」で宇山さんが提案したプロットが採用され、小説の執筆も依頼されるようになった。

 「それまで自分が小説を書くなんて、まったく考えていなかったんです。書けるか不安で、当時の自分としては最大限の力を尽くしましたが、今から考えればかなり荒削りだったと思います。初めての小説のテーマは先方からいたいだものでした。そこで次は自分が書きたいものをと、編集者さんに自分からお願いして書かせてもらったのが『桜のような僕の恋人』です」

 この作品のプロットも大学時代に思いついたものだ。いつかかたちにしたいと思っていたものの、駆け出しの脚本家が自ら提案する機会は少ない。そこでずっと引き出しのなかにしまっていた。そんな作品が、59万部を越すベストセラーになった。

 「あの作品はことさら読者を泣かせようと思って書いたわけでもありません。自分が心から面白いと思えるものでないと、読者の心には響かない。そう信じて、とにかく自分が好きなものをつきつめて書いた感じです。ただ、自分で書きながら、読み直すたびに、何度も泣いてはいましたが(笑)」

 59万部突破といっても、それだけの人が小説を手にしている姿を目にする機会があるわけではない。職業柄、外に出る機会も少ない。そのため大ヒットへの実感は、あまりない。

 「ファンレターは嬉しいですね。ある時、北海道の小学生の女の子がすごく丁寧な手紙をくれたんです。どうやっておはなしを考えているんですか、なんて質問もあって……。 SNSで簡単にメッセージを送れる時代に、わざわざ手書きで気持ちを伝えてくれると、感慨深いですね」

宇山さんの創作ノート

〝愛〟と〝仕事〟について書き続けていきたい

 『桜のような僕の恋人』の後に発表した『今夜、ロマンス劇場』は、映画監督を夢みる青年と、モノクロ映画の世界から飛び出してきた女優との奇妙なラブストーリー。この作品は、自身が映画のために書いた脚本を小説にしたものだ。そして2021年に発表された最新作が、『恋に焦がれたブルー』。これまで宇山さんが書いてきた恋愛物語の集大成的な作品で、靴職人を目指す主人公のひたむさと、不条理で切ない恋が多くの共感を集めた。

 「あの作品は『桜のような僕の恋人』の純愛と『この恋は世界でいちばん美しい雨』の人間ドラマの両方を合わせたような面があります。今までにない作品をと、力が入っていたこともあり、執筆には苦労しました」

 現在、宇山さんは新たな作品に取り組んでいる。作家としての経験を積むほどに、目指すもの、ハードルは高くなる。そんな新境地への戦いが、始まっているのだろう。

 「必ずしも恋愛小説にはこだわっていないんです。僕は三谷幸喜さんが大好きで、脚本もコメディーを書きたかったんです。恩師がよく〝人生は愛と仕事だ〟と言っていました。人生の大きな柱がこの二つであることは間違いありません。ですから人間を描く以上、これからも愛と仕事については、何らかのかたちで書き続けていくと思います」