近年、女性の書き手がノンフィクションの可能性を広げつつあります。老舗ノンフィクション賞である大宅壮一ノンフィクション賞や講談社 本田靖春ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞、新しい賞の本屋大賞ノンフィクション本大賞などの受賞者をみても、女性の受賞者が続いています。

 女性の書き手が増え、また評価されることで、ノンフィクションはどのように変わっていくのでしょうか。そして、ノンフィクションに限らず、女性がものを書いて生きるとはどういうことなのでしょうか。

 『狂うひと――「死の棘」の妻・島尾ミホ』(新潮社)、『原民喜 死と愛と孤独の肖像』(岩波新書)の梯久美子さん、『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』(岩波書店)、『選べなかった命――出生前診断の誤診で生まれた子』(文藝春秋)の河合香織さん。世代の違う2人の書き手が、「書くこと」の困難を含め、本音で語り合うオンラインイベントが開催されます。この機会にぜひご参加ください。

 ※本イベントはZoomによる配信イベントです。

イベント概要

日時:2021年9月17日(金)19:00〜
会場:オンライン(Zoomウェビナーによる配信)
参加費:1,000円
販売期間:2021年9月17日(金)18:00まで
お問い合わせ:紀伊國屋書店新宿本店代表 03-3354-0131
※詳しくはをご確認ください。

参加方法

上記販売期間内に、下記サイトにて視聴チケットをご購入ください。
▶(Peatixサイトが開きます)

イベント出演者梯久美子(かけはし・くみこ)ノンフィクション作家

1961年生まれ。『散るぞ悲しき――硫黄島総指揮官・栗林忠道』(新潮社、大宅壮一ノンフィクション賞)、『狂うひと――「死の棘」の妻・島尾ミホ』(新潮社、読売文学賞、芸術選奨文部科学大臣賞、講談社ノンフィクション賞)、『原民喜 死と愛と孤独の肖像』(岩波新書)、『昭和二十年夏、僕は兵士だった』『昭和二十年夏、女たちの戦争』『昭和二十年夏、子供たちが見た戦争』『サガレン――樺太/サハリン 境界を旅する』(角川書店)、『廃線紀行――もうひとつの鉄道旅』(中公新書)ほか。 【写真 ©Futoshi Osako】

河合香織(かわい・かおり)ノンフィクション作家

1974年生まれ。『分水嶺 ドキュメント コロナ対策専門家会議』(岩波書店)でYahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞ノミネート中。『選べなかった命──出生前診断の誤診で生まれた子』(文藝春秋、大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞)、『ウスケボーイズ──日本ワインの革命児たち』(小学館、小学館ノンフィクション大賞)、『セックスボランティア』(新潮社)、『帰りたくない──少女沖縄連れ去り事件』(新潮社)、『絶望に効くブックカフェ』(小学館)ほか。