人気漫画「東京卍リベンジャーズ」単行本最新刊が発売された9月17日、全国の朝日新聞朝刊に47種類の全面広告が掲載されました。その一部を紹介し、連載中の雑誌「週刊少年マガジン」の編集者が作品の魅力を語った記事が、広告とともにファンの注目の的となりました。

『主夫をお願いしたらダメですか?』(弓家キョウコ著、祥伝社)より

 在宅で仕事をしながらワンオペで家事育児をしていたイラストレーターの弓家キョウコさんが、夫に専業主夫になってもらった日常を綴ったコミックエッセイ。弓家さんのインタビューがヤフーで配信され、主に同じ悩みを抱える女性から多数の共感が集まりました。

え・横山智子

 作家の小池真理子さんが、亡き夫で作家の藤田宜永さんとの日々をつづったエッセイ「月夜の森の梟」。朝日新聞土曜版別刷り「be」に連載され大きな反響を呼んだ作品が今年11月に単行本として刊行されるのを前に、好書好日でエッセイの一部や反響を紹介しています。その連載の初回が大きな注目を集めました。

上白石萌音さん=有村蓮撮影

 人気俳優・上白石萌音さんの初著書『いろいろ』出版にあたってのインタビュー。メキシコ在住時代の記憶や妹・上白石萌歌さんとの同居生活をつづったエッセイや、故郷・鹿児島への小旅行リポートなど、等身大の自分を素直につづった本と同様、インタビューも飾らない人柄がにじみ出ています。

森山直太朗さん

 漫画家・野村宗弘さんの連載漫画「うきわ」が連続ドラマ「うきわ ―友達以上、不倫未満―」(テレビ東京系)として放送されています。不倫に揺らぐ役を演じている森山直太朗さんが、役作りの難しさや読書体験を語った8月末の記事が、月をまたいで人気でした。

6〜10位は以下の通り

6.

7.

8.

9.

10.