中高生が英語で歌いながら踊る姿を審査する全国大会が柏崎市で開かれました。

今回、新潟工科大学で行われた全国ショー・クワイア大会は、国際エデュテイメント協会が主催するイベントで、中高生が英語で歌いながら踊ることを通じて、人とつながり人を楽しませる喜びを感じてもらおうと企画されたものです。
新潟県の燕中学校をはじめ、静岡県などから4チームが出場し練習の成果を競いました。
英語教育の観点も盛り込まれた新しいパフォーマンスを、来場者も笑顔でみつめていました。