実りの秋を迎え、小学生たちが丹精込めて育てた稲の収穫に挑戦しました。
新潟市江南区の曽野木小学校の5年生は毎年、農業に親しんでもらおうと、地元の農家と協力して米作りに挑戦しています。
5月に田植えをし今では稲穂が頭を垂れ、待ちに待った収穫の日を迎えました。
大切に育ててきたからこそ、稲の重さもずっしりと響きます。

「今は機械だが、手作業だと大変」
「早く食べてみたい」

どろんこになった長靴や服も頑張った証拠ですね。
そして収穫した稲は今では珍しくなったハザ掛けに。太陽の恵みを浴びておよそ1か月間、稲を乾燥させていきます。
こどもたちは米作りを通じて、地域の繋がりや地域の魅力を実感したようです。

「楽しい!もう一回やりたい!」
「改めて食が大切だということが分かった」

今回の曽野木小学校の児童の田植えや収穫の様子は、BSNや江南区が協力してVRカメラで360度撮影していて、今後は江南区のホームページで公開されます。
改めて地域の良さを実感できそうですね。