新潟県柏崎市が独自に認証するコシヒカリのブランド米「米山プリンセス」を目指し、若手生産者らが田植えをしました。
認証には高いハードルが待っています。

20日の田植えには柏崎市の桜井市長も参加しました。
コシヒカリを柏崎市が独自に認証する「米山プリンセス」は、有機肥料を使うことや食味値が85点以上など厳しい条件が定められています。
去年は猛暑などの影響もあり、認証をもらえたのは27の生産者中、わずか3人でした。
認証を目指す加藤健太さん(27歳)は、今年が3回目の挑戦です。

【アグリード越後 加藤健太代表】
「認証米ブランドということで、高品質でおいしいコメ作りをというのを自分もチャレンジしてみたい」
【柏崎市 桜井雅浩市長】
「今年は天候にもよるけど、加藤さんはじめ若い力で盛り立てていただいて、多い収量にも期待したい」

柏崎市は今年、10トンの認証を目指しているということです。