長岡市山古志地域で4日、伝統行事「牛の角突き」の初場所が開催され、多くの人が迫力ある取り組みを楽しみました。

巨大な牛と牛のぶつかり合い。長岡市山古志地域では国の重要無形民族文化財、牛の角突きの初場所が開催されました。
去年は、感染拡大の影響で例年通りの5月に初場所を実施することができませんでしたが、今年は天気にも恵まれ、多くの観客が闘牛場を訪れていました。
感染症予防のため、会場では検温や席の間隔をあけるなどの対策が講じられています。
5日は闘牛場で鼓童とのコラボイベントが実施されます。