大型の台風18号は17日夜半にかけて山陰に接近するもようです。17日午後午後7時現在、島根県全域と鳥取県全域には大雨洪水暴風警報が、また鳥取県では鳥取市北部、倉吉市、湯梨浜町、三朝町に土砂災害警戒情報が出ています。台風18号は17日午前11時半ごろに鹿児島県の南九州市、午後5時ごろに高知県宿毛市に上陸したあと、速度を上げながら西日本を進んでいて、山陰地方には夜遅くに最も接近するとみられています。台風の影響で17日午後、JRでは米子支社管内の全線で運転を見合わせ、約1万8000人に影響が出たほか、山陰にある5つの空港では午後から多くの便が欠航し、18日も鳥取、米子、出雲から東京へ向かうあわせて3便が欠航を決めています。両県では多くの自治体が公民館などに自主避難所を設けました。山陰では最接近のあと台風が離れても大雨などの影響がしばらく続くと見られています。気象台は大雨や土砂災害などに厳重に警戒するよう呼びかけています。