去年、新型コロナの影響でゴールデンウイーク中は休館した、島根県浜田市と江津市にまたがる「しまね海洋館アクアス」に、ダイオウイカの鯉のぼりが復活しました。

悠々と泳ぐダイオウイカの鯉のぼり。

長さは12メートルあり、隣で泳ぐトビウオやペンギンを飲み込みそうな勢いで足をバタつかせています。

アクアスはこのほか「サメ」「リュウグウノツカイ」「シロイルカ」など、全部で6種類の鯉のぼりを作っていて、日替わりで3本ずつ揚げています。

こいのぼりの下では、記念写真を撮る家族連れらの楽しそうな姿が見られました。

アクアスでは、児童福祉週間の5日〜10日まで、小中学生の入館料を無料にすることにしていて、鯉のぼりは10日まで掲げられます。(悪天候時は中止)