レオパレスと組むことのメリットは?

「昨年12月に買収した大塚家具に続き、レオパレスと組むことで家具家電つきアパートを提供するなど、相乗効果が見込める」(同前)

 さらにヤマダ電機は今年10月に持株会社体制に移行し、社名を「ヤマダホールディングス」に変更する。

「家電量販店市場は頭うちだとみるヤマダは住宅や不動産、金融事業などに力を入れている。今後より“脱家電”を加速させたいのでしょう」(取引金融機関)

 483億円の手元資金を持つヤマダにとって、レオパレスの過半株式の取得は難しいことではない。

「レオパレスの時価総額は563億円で、株の40%近くを複数のアクティビスト(物言う株主)が保有しています。彼らにとっても願ってもないディールでしょう」(同前)

 ヤマダ電機は「事実、虚偽にかかわらず、インサイダー情報になりますので、弊社のコメントはございません」と書面で回答した。

 ヤマダとレオパレスが急接近する環境は整っている。

(森岡 英樹/週刊文春 2020年6月25日号)