今、反社会的勢力と交際すれば芸能人は追放され、取引が露見すれば企業の社長は首が飛ぶ。しかし、以前は暴力団の組長が開いた会員制社交クラブに著名人が多数集まっていた。

 1973年7月――広域指定暴力団「東声会」を率いた町井久之氏が、巨大な会員制クラブ「TSK・CCCターミナル」を六本木に開業した。オープニングセレモニーの夜、政官財そして芸能界から数百人が集まり、周辺は送迎車で大渋滞、祝いの花輪は西麻布まで1キロ並んだという。

 TSK・CCCは1000坪を超える敷地に、連結された8棟のビルから成った。赤の絨毯が敷かれた正面入口の階段を上ると、シャンデリアが輝くホール、和洋中それぞれのレストラン、キャバレー、アスレチッククラブ、女性向けビューティーサロンなどがあり、館内にはピカソやマチスの絵など美術品が飾られた。


TSK・CCC内の社交クラブの様子(「TSK CCC アルバム」より)

NHK人気アナウンサーの宮田氏も

 開業1年後、その盛況ぶりを収めた写真集「TSK CCC アルバム」が作られ、関係者に配られた。その1冊がここにある。

 セレモニーで挨拶に立った姿が写っているのは、陸軍大尉出身で自民党代議士となり、外相、厚相を歴任した園田直氏。野村証券の“天皇”と呼ばれ、社長・会長を19年務めた瀬川美能留氏。老舗百貨店・三越に君臨し、後に追放された岡田茂氏。司会を務めたNHK人気アナウンサーの宮田輝氏。そして町井氏の後見人となった日本の黒幕・児玉誉士夫氏らだ。ギリシア大使や米国上院議員の姿もある。

 写真集には写っていないが、読売新聞の渡辺恒雄氏、作家の檀一雄氏らがクラブの運営委員となり、宮田氏と共にセレモニーで司会を務めたのは、女優で後に参議院議員の山口淑子氏だったという。