「提案は来ている。これから取締役会で議論する」

 7日朝、日経新聞が「東芝に買収提案へ 2兆円超で非公開化 英ファンド」との記事を1面トップで報じた。M&Aがらみのスクープが飛び出すと、当事者は「ノーコメント」と言うケースが多い。しかし、東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は新聞を見て自宅へ集まった報道陣に対して、「その話ですか」と言わんばかりの口調で冒頭のように述べた。


東芝ビル ©文藝春秋

車谷社長を救うために買収提案は行われたのか?

 その後、東芝は英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズ(以下CVC)などによる買収の初期提案を受領し、審議を開始したと発表。CVCは2兆円を超える金額を投じて、東芝を買収し、株式を非公開化する提案をしたという。

 しかし、この突然の買収提案にはいくつもの疑問点が残る。

 まず、車谷社長とCVCとの関係性だ。実は車谷氏はいま窮地に立たされており、彼を救うためにこの買収提案は行われたのではないかという見方ができるのだ。

 昨年7月に開かれた株主総会で車谷氏は苦い思いをした。議案の1つだった「取締役の再任」で車谷氏の続投に賛成したのは約57%と12人の取締役の中で最低だった。

 さらにこの総会にはケチがついた。開催後に一部株主の議決権が無効になったことが判明。一部の外国人投資家が東芝からの圧力を受けて議決権行使を断念したことも明らかとなった。

エフィッシモが放った「二の矢」

 そこで東芝の筆頭株主で、「物言う株主」としても知られるエフィッシモ・キャピタル・マネージメントが昨年末に株主総会の公正性を調査するよう求めた。東芝がこれを拒否したため、エフィッシモは「ニの矢」を放った。再調査をするかどうか、株主に判断を委ねようと、臨時株主総会の開催を請求したのだ。この請求により、臨時総会が今年3月18日に開かれ、エフィッシモの主張は賛成多数で可決された。

 臨時株主総会で決まった「再調査」の結果はまだ出ていない。しかし議案が可決されたのを見て、「昨年の株主総会が現経営陣によって都合よく運営された」という心象を持った株主は増えたはずである。陣頭指揮を執っていた車谷氏のイメージが悪化する可能性は高い。このため、今年の6月に開かれる予定の株主総会で、車谷氏の再任に賛成する比率はさらに下がり、場合によっては50%を切って再任を否決される可能性も出てきた。