麻雀も仕事も「運が7割、実力3割」。「文藝春秋」2022年5月号より、サイバーエージェント社長の藤田晋氏による「わがギャンブル経営哲学」を全文転載します。(全2回の1回目/ 後編 に続く)

◆ ◆ ◆

「ウマ娘」の利益を競馬界に還元

 昨年、念願の馬主になりました。7月のセレクトセールでは1日で15億円を使い、5月に約5億円で競り落としたディープインパクト産駒の牡馬ドーブネをはじめ、今は27頭を所有しています。

 一生楽しめるものに出会った。愛馬が出走するレースがある週末が楽しみでなりません。

 レース毎にジョッキー、調教師、厩舎のみなさんとチームを組み、勝ったら賞金を山分けし、負けたらみんなで悔しさを共有する。これが馬主の醍醐味です。昨年から愛馬が次々デビューしていますが、この1年目でしっかりと土台をつくり30年かけて馬主をやっていくつもりです。目標としては、いつか有馬記念を制覇したいと思っています。

“爆買い”と揶揄されたほど1年目から巨額の投資ができたのは、スマートフォン向けゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」のおかげです。サイバーエージェントの子会社、サイゲームスが昨年2月にリリースしました。過去の名馬を擬人化した「ウマ娘」を育成し、レースに挑むゲームです。

 これが1300万ダウンロードを突破(1月時点)する大ヒットとなり、テレビアニメや漫画も高い人気を誇ります。おかげさまで2021年度の連結売上高は6664億円と前年比39.3%の増収で、過去最高の業績となりました。

 最近はスポーツ紙で「ウマ娘オーナー」と書かれるため、「仕事のために馬主をやっている」と、誤解してくださる方も少なくない(笑)。実際はゲームが当たる前から馬主になることを決めていたのですが、「ウマ娘」の利益を競馬界に還元するという「大義名分」ができたので、予定より多くの馬を買えたのです。

麻雀で経営を学んだ


写真はイメージです ©iStock.com

 1998年創業のサイバーエージェントは、インターネット広告事業からスタートし、その後、時代の変化に合わせながら「Amebaブログ」や「ABEMA」(以下、アベマ)などのメディア事業、ゲーム事業へと拡大してきました。

「ウマ娘」のように、いくつかの事業は私の趣味や得意分野と密接に結びついています。その代表例が麻雀でしょう。