2021年に45周年を迎えた「ハッピーターン」。1976年の発売から“洋風お煎餅のパイオニア”として、確固たる地位を築き上げている。なかには変わり種のフレーバーや知られざる限定発売品もあり、味のバリエーションが豊富なのも人気だ。

 今回はそんな「ハッピーターン」の製造・販売元である亀田製菓株式会社の「ハッピーターン」ブランド担当・林克昭氏に、ハッピーターンが発売されてからの歴史や変遷、商品のこだわり、美味しさの秘密について話を聞いた。(全2回の1回目/ 2回目 に続く)


亀田製菓株式会社の「ハッピーターン」ブランド担当・林克昭氏 ©佐藤亘/文藝春秋

◆◆◆

ハッピーターンは予想外のロングセラーだった

――ハッピーターンは2021年に45周年を迎えましたね。

林克昭さん(以下、林) ありがとうございます。ハッピーターンは1976年に発売し、2022年で46年目になりました。発売当時は、亀田製菓が設立してまだ20年ほどという時代で、会社自体にロングセラーブランドというものもありませんでした。

 だから毎年地道に頑張って、少しずつ売上を伸ばしていったという感じですね。お客様の声を聞きながら時代にあったリニューアルを繰り返し、じわじわと売れ行きが伸びていき、気づいたらお茶の間で人気の商品となりました。

 今は亀田製菓の米菓ブランドの中でも、売上2位の位置づけになっています。現在までの販売累計数については公表していないのですが、インテージ社の調査によると、他社を含めた米菓ブランドの中で2021年の売上が金額ベースで第2位となっています(※)。当時の担当者は、まさかこんなにロングセラーになると思っていなかったのではないでしょうか。

※出典:株式会社インテージSRI+®(全国小売店パネル調査) 煎餅・あられ 2021年1月〜2021年12月ブランド別累計売上金額

――ハッピーターンが誕生した背景は?