7月19日午前、人気ロックバンド「Dragon Ash(ドラゴンアッシュ)」と「RIZE(ライズ)」のベーシストであるKenKen(本名金子賢輔、33)が京都の自宅で、当時KenKenと一緒にいた女(25)と警視庁組織犯罪対策5課に大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕された。

 同日、東京・品川では同じく「RIZE」でボーカルとギターを担当するJESSE(本名マック・ファーデン・ジェシー・ソラト、38)が同様の容疑で現行犯逮捕された。


RIZEのメンバー。左からKenKen、JESSE、金子ノブアキ(RIZE公式インスタグラムより)

「証拠を隠蔽させないよう、金子とジェシーの自宅を同時に家宅捜査した。すると双方から少量の大麻が見つかりました。ジェシー容疑者は『私のものだ』と認めているが、金子容疑者は『大麻であることはなんとなく分かっていたが、拾ったものだ』と容疑を一部否認している」(捜査関係者)

「KenKenに会えば大麻がもらえる」

 この供述に対して、KenKenの元交際相手のA子さんは「彼は日常的に大麻を吸っていましたよ。“拾った”なんてありえない」と明かす。

「ライブツアーの地方遠征で、KenKenさんは決まって大量の大麻を持ち込んでいました。Lサイズのジップロックで、とんでもない量の大麻を持ってくるんですよ。周囲のバンドマンも『KenKenに会えば大麻がもらえる』と話すくらい、その話は有名だった」

 大麻入りのジップロックと吸引用の巻紙を入れていたのは、ゲームのキャラクター“パラッパラッパー”の巾着袋だという。

「この写真はKenKenさんが泊まっていたホテルで撮影しました。机の上の巾着に大麻が入っています。大麻は日常の一部になっていて、吸った後のゴミを平気でホテルのゴミ箱に捨てて帰るくらい警戒心が薄かったです。KenKenさんは『家が建てられるくらい、大麻にお金を注ぎ込んだ』と話しながら、目の前で大麻を吸っていました」(同前)