3月28日の最終回に向け、折り返し地点にさしかかったNHKの連続テレビ小説「スカーレット」。1月11日に放送された第84回では、主演の戸田恵梨香(31)演じる喜美子と夫・八郎の間に仕事をめぐって不穏な空気が流れる中、幼馴染みの信作と喜美子の妹・百合子がついに「結婚を前提に」交際することになり、ネットは大盛り上がりを見せている。

 信作を演じる林遣都(29)といえば、12月28日、元AKB48の”ぱるる”こと島崎遥香(25)との ”熱愛同棲未遂” を「週刊文春デジタル」が報じたばかり。現実世界での林の恋は現在でも煮え切らない。


「スカーレット」で演じる煮え切らない男役が大人気の林遣都 ©時事通信社

  林と島崎は2018年、米倉涼子主演のドラマ「リーガルV」(テレビ朝日系)で共演。それをきっかけに、島崎が林に積極的にアプローチして交際に至った。2019年6月には林の自宅マンション付近のスーパーでデートする姿が近隣住民に目撃されている。12月28日の報道後も、取材班の元には横浜市内のアミューズメントパークでのデート情報などが寄せられた。

「島崎は、頻繁に林の自宅にお泊まりしていて、これまで撮られないのが不思議なくらいだった。昨年夏に林との同棲の話が進んだのですが、スケジュールの都合でなかなか都合がつかず、結局11月末に林の住む部屋に島崎が引っ越ししたのです」(林の知人)

 だが、島崎の引っ越し数日後、林はその自宅を離れ、都内のマンスリーマンションで寝泊まりするようになった。内実を知る関係者は「すでに2人は破局していた」と話すのだが……。