「ようやく再開できたのに、また振り出しに戻ってしまった……。今後の公演については全く見通しが立っていません(※9月3日に公演再開)」(劇団関係者)

 8月に新型コロナのクラスターが発生した宝塚歌劇団。現在は公演再開したものの、その間舞台に立てないタカラジェンヌたちの間で、様々な“事件”が起こっていた――。

 ◆◆◆

 3月23日から全公演を休止していた宝塚歌劇は、7月17日に本拠地の宝塚大劇場で公演を再開。その際、場内の消毒や換気を徹底し、客席稼働数も約半分に減らすなどして、コロナ対策に取り組んできた。


公演休止中の宝塚大劇場

 だが、「実は不十分な部分もありました」と、ある生徒の保護者は語る。

「再開前に当然、全生徒にPCR検査を受けさせると思っていましたが、一切なかった。検温や体調管理は生徒任せで、具合が悪くなれば自己申告するよう言われていた。生徒たちは『トップバッターになりたくない。体調不良になっても正直にいうのが怖い』と怯えていました」(同前)

 最初の陽性者は、宝塚大劇場での公演「はいからさんが通る」に出演していた花組の男役・Aさん。前出の劇団関係者が明かす。

「8月2日の公演前の朝、Aが味覚障害を訴えたのです。劇団は当日と翌日の公演中止に踏み切り、PCR検査を受けさせたら陽性が判明。そこで慌てて生徒全員とスタッフ、東京公演を行っていた星組など他の組も検査を実施しました」