所属タレントの退所が相次いでいる芸能プロダクション「オスカープロモーション」で、タレントの森泉(37)が10月で契約を満了し、更新しないことが「文春オンライン」の取材でわかった。“稼ぎ頭”であった 米倉涼子 をはじめ、 忽那汐里 、岡田結実、 ヨンア 、 剛力彩芽 、福田沙紀、 リサ・ステッグマイヤー、長谷川潤、 堀田茜、紫吹淳、草刈民代など、この1年で数多くの有名タレントが同社を去っている。


9頭身のスタイルを誇るモデルの森泉 ©文藝春秋

 森は世界的なファッションデザイナー・森英恵(94)の孫で、同じくモデルの森星(28)を妹に持つ、元祖“セレブモデル”だ。

「由緒正しい家柄の森家はパリの社交界に出席することもあるほどの家柄です。ただ、森泉さんはプライベートでその家柄をひけらかすような雰囲気はありません。むしろ誰に対してもフランクに話しかけ、テレビとプライベートのギャップなどもない森さんの評判はかなり良いです。テレビなどでも大御所タレントたちに対してタメ口を使う森さんですが、それでも許される“愛されキャラ”が人気の秘訣なのでしょう」(テレビ局関係者)

 2018年3月31日には一般人男性と結婚し、同年6月に女児を出産している。

「旦那さんは40代の寺院の住職さんです。交際スタートから約1年で、結婚まで進んでいきました。出会いのきっかけは森さんが飼っていたペットが亡くなった際の葬儀だったそうです。動物が大好きな森さんはペットの葬儀にも力を入れていた。そこで頼んでいたのが、今の旦那さんだったのです。現在、森さんは旦那さんと住むお寺で、犬やナマケモノ、豚、鳥など約30匹ものペットを飼っているみたいですね」(同前)

バラエティで活躍してもオスカーでは評価されない

 森は所属事務所のオスカータレント中では、数少ないバラエティ番組で活躍できるタレントである。

「森さんは現在テレビ番組『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で司会を務め、『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)では、泥臭くドリルなどを使いDIYで住宅をリフォームする企画が人気を博しています。9頭身のスーパーモデルかつセレブタレントでありながら、大工仕事に没頭するイメージとのギャップがウケたのです。

 オスカーにはかつて、バラエティ部門が存在しましたが2019年5月で完全廃止されています。現在、オスカーにはバラエティで活躍するタレントは森さんの他に藤田ニコルさん(22)などがいますが、事務所としてはバラエティにはあまり力を入れていません。というのも、古賀誠一会長(80)の意向で映画やドラマに力を注ぎたいのです。ですから、女優やモデルには力を入れるのですが、バラエティには会社としてあまり興味を示さない。森さんがバラエティで大活躍しているにもかかわらず、事務所の中では大して評価が高くないのです」(同前)