東尾修氏は「あいつは注意しても聞かない。ダメだ」

 理子同様、石田に対して怒っているのが義父の元西武ライオンズ監督・東尾修氏(70)。プロ野球関係者が証言する。

「『あいつは注意しても聞かない。ダメだ』と大いに怒り、かつ呆れていたそうです。東尾さんは3人の孫たちをすごく可愛がっているだけに、石田が感染した際も『孫や娘にうつしたらどうなるのか……』と心配していた。石田さんの行動をコントロールできないので『肩身が狭い』とも周囲に漏らしていました」

 石田も、義父から怒鳴られたと明かす。

「いろいろ報道された後、『お前のせいで肩身が狭いんだ、バカヤローッ!』と言われ、『お前のせいで何を言われるかわからないからゴルフにも行けないんだよ!』ってすごく怒られました。僕も『すいません』ってすぐ謝りました。……まあ、彼も冗談半分で言ったのかも(笑)」

 さすがの251勝投手も、石田の行動を“完封”はできないようだ。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月2日号)